連載
» 2022年02月01日 08時00分 公開

2022年のSEOに求められるのは「客観性」と「公平性」、そして「多様性」CMOのためのデジタルトレンド解説

マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパートが毎月リレー形式で解説。今回は「2022年のSEO」をテーマにお届けします。

[外山大,プリンシプル]

 2021年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のまん延がユーザーの行動を大きく変えた一年でした。

 変化の背景には新型コロナそのものにより生じる影響(個人が感じる不安や恐怖など)もあれば、政府や自治体のウイルス対策によって生じる影響、世界や社会、企業や組織が変化することによって受ける影響もあります。影響は当然ユーザーの検索行動にも表れます。それに伴い、検索エンジンもWebサイトも、変化への対応が強く求められました。

新型コロナウイルスが個人にもたらす影響(筆者作成)

 本稿では、2021年のユーザーの検索行動の変化を振り返るとともに、2022年におけるSEOのトレンドについて考察します。キーワードは「客観性」と「公平性」、そして「多様性」です。

2021年に多く検索された語句

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.