連載
» 2020年09月08日 08時00分 公開

これからのブランディングとSNS【後編】:ブランディングとSNSは切り離せない――山口義宏氏×いいたかゆうた氏対談

ブランドとは、消費者の頭の中に形成される抽象的な価値と記号が結び付いたもの。ブランディングとはそれを実現するための行為全般を指す。ブランディングのためのコミュニケーションで重要度を増すのがSNSだ。

[高野優子,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

ブランド戦略 | SNS | ホットリンク


 前編「山口義宏×いいたかゆうた コロナ後の世界でブランディングが重要性を増す理由」では、消費者行動が変化する中でブランディングが重要性を増す理由、そして企業が自社のブランドを築く上で理解しておくべき基礎的な事柄について、ホットリンクCMOのいいたかゆうた氏がインサイトフォース代表の山口義宏氏に聞いた。後編ではマーケターがブランド形成のため今まさに起こすべきアクションについて語り合う。

※本稿はホットリンクが2020年8月5日に開催したオンラインセミナー「インサイトフォース山口義宏氏と語るこれからのブランディングとSNS」の内容を再構成したものです。

ブランドを形成する上で無視できないSNS

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.