調査リポート
» 2020年08月07日 23時00分 公開

今日のリサーチ:2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査

国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインターネット広告市場の動向に関する調査結果です。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

ネット広告 | 調査 | ディスプレイ広告


 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)は2020年7月上旬、国内の広告主、広告会社、メディア、プラットフォーマー、アドテクノロジーベンダー(DSP、SSP、アドネットワーク、DMP、アドベリソリューションなど)、メディアレップなどインターネット広告市場に関係すいた540人を対象に、新型コロナ禍における「インターネット広告市場」の動向に関する調査を実施しました。また、調査結果に加えてCCIが開発した運用型ディスプレイ広告市場調査ツール「CCI 360 Programmatic Display Market Analytics」で捉えた出稿状況や、一部の業種についてはソーシャルリスニング分析も実施し、その結果をホワイトペーパーにまとめています(関連リンク参照)。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況が深刻化した2020年上期のインターネット広告予算は、前年同期比61.5%減。大きく減少したとする回答だけで20.4%を占めました。

2020年上期と2019年上期のインターネット広告キャンペーン費用の比較

 取引手法別のキャンペーン費増減を見ると、検索、アフィリエイト以外の取引手法ではキャンペーン費が減少したとの回答が多く、特に予約型については全体の60.5%が減少したと回答しています。減少幅順では予約型に次いでアドネットワーク(41.7%)が高く、運用型広告(39.6%)、ソーシャル広告(33.7%)の順になっています。

2020年上期インターネット広告取引手法別増減のアンケート結果

運用型ディスプレイ広告市場は回復するもCPMは以前低迷

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.