調査リポート
» 2020年01月10日 20時00分 公開

今日のリサーチ:2020年の旅行市場動向 訪日外国人は3400万人に上る見通し――JTB調べ

東京2020オリンピック・パラリンピックが本番を迎える2020年、訪日外国人旅行者数は7.9%増加して3430万人になる見通しです。

[ITmedia マーケティング]

 JTBは2020年の旅行市場についての見通しを発表しました。この調査は、1泊以上の日本人の旅行(ビジネス・帰省を含む)と訪日外国人旅行について、各種経済動向や消費者行動調査、運輸・観光関連データ、JTBグループが実施したアンケート調査などから推計したもので、1981年より継続的に実施しています。

 2020年の日本居住者による国内・海外旅行市場規模は15兆6300億円。のべ3億712万人が旅行に出掛ける見通しです(国内2億8632万人、海外2080万人)。

 2020年前半は前年のゴールデンウイーク(最大10連休)の反動や「東京2020オリンピック・パラリンピック(以下、東京2020大会)」前後の首都圏を中心とした旅行抑制の影響などで勢いがないと考えられますが、後半には消費税増税の影響が薄れ、オリンピック後の宿泊施設料金も落ち着くと考えられることから、旅行人数は微増すると見られます。

景況感は不透明でもアジア各国からの旅行者数増で訪日需要はまだ伸びる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading