調査リポート
» 2019年06月26日 20時00分 公開

今日のリサーチ:平成の消費に影響を与えたものは「スマホ」「ネット通販」「PC」――博報堂生活総合研究所「消費1万人調査」

博報堂生活総合研究所が実施した「消費1万人調査」より、「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」の結果を抜粋。

[ITmedia マーケティング]

 博報堂生活総合研究所は「消費1万人調査」を実施し、全国の15〜69歳の男女1万人に、買い物・消費に関する価値観や行動について聴取しました。

 レポート第1弾となる今回は「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」についてまとめています。平成に登場した商品やサービス、政策、流行など39項目を生活者に提示し、「自身の買い物や消費、お金のやりくりに対する考え方・行動に大きな影響を与えたと思う」と回答したものを集計した結果、全体の1位は「携帯電話・スマートフォン」、2位が「インターネット通販」、3位が「パソコン」でした。1位と2位の間には約9ポイントの差があります。

平成の女性を変えた「断捨離」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading