調査リポート
» 2019年06月10日 08時00分 公開

今日のリサーチ:パーソナルデータ利活用に対する不安は若い人ほど少ない――日立製作所と博報堂が意識調査

パーソナルデータ利活用に対する生活者意識の変化や、AIによるプロファイリングへの期待と不安などを調査。

[ITmedia マーケティング]

 日立製作所と博報堂は「ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」を実施しました。同調査は両社におけるビッグデータ、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)の利活用事業推進の一環として2013年度より継続的に実施しているものです。

 第4回となる今回は、パーソナルデータ利活用に対する生活者の意識やAIによるプロファイリングへの期待と不安、ビッグデータ利活用への親しみ度合いによる意識差などを調べています。パーソナルデータの利活用に対する生活者の期待と不安については、依然として過半数が不安を感じていますが、年代が若いほど不安が少なく、年代が高いほど不安が大きい傾向が表れました。

AIによるプロファイリングの何が不安か?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading