調査リポート
» 2019年05月08日 07時00分 公開

今日のリサーチ:AIシステムとRPA、国内企業における利用状況は?――IDC Japan調査

IDC Japanは、企業におけるAIシステムおよびRPAの利用状況について、ユーザー企業調査結果を発表しました。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

企業 | 調査 | IDC | RPA | ソフトウェア | 改革 | 経営 | 人工知能 | 機械学習


 IDC Japanは「企業のAI(人工知能)システム/RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の利用状況」に関するアンケート調査を実施しました。これによると、AIシステムを「全社的に利用している」と回答した企業は12.3%、「事業部門で利用している」と回答した企業は25.6%となりました。さらに「社内で広くPOC(Proof Of Concept)を実施している」と回答した人は12.9%、「限定された部門でPOCを実施している」は11.3%で、合計すると企業のAIシステム利用率は62.1%となり、2018年4月に実施した前回調査結果の58.5%から3.6ポイント上昇していることが分かりました。

AI利用の主な目的は「働き方改革」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading