調査リポート
» 2019年04月26日 08時00分 公開

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:「EC-CUBE」「カラーミーショップ」「ショップサーブ」他、日本では国産ECプラットフォームが強い

ネットショップ構築を支援するECプラットフォームとパーソナライゼーションの市場動向を営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」のデータから探ります。

[中島玉美,インターアローズ]

 日本の消費市場に劇的な変化をもたらしたEC業界は2019年も引き続き活発な動きを見せています。飛ぶ鳥を落とす勢いのAmazon.com、続々と登場する決済システム、OMO(オンラインとオフラインの融合)、インフルエンサーと連携したライブコマースなど、話題が尽きません。

 ECに参入する企業が増えるのと同時に、ECサイト構築支援サービス市場も堅調拡大を続けています。矢野経済研究所は、日本の国内事業者における2020年の市場規模が売上高ベースで668億円(うちパッケージ型サービスが397億円、クラウド型サービスは271億円)に達すると予測しています。

 今回、Datanyzeが分析する最新テクノロジー市場トレンドは、ECプラットフォームおよびそれと併用率が高いパーソナライゼーションです。

ECプラットフォーム:上位を国産が独占

 ECプラットフォームは、国内ではECクラウドとも呼ばれ、先述のECサイト構築支援サービスにおいてはクラウド型に属します。世界最大手のB2Bソフトウェア評価&レビューサイトである米G2 Crowdは、ECプラットフォーム製品を以下のように定義しています(外部リンク/英語)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading