ニュース
» 2012年12月18日 07時35分 公開

【連載】これで分かる! アドテクノロジー入門:第4回 Trading Deskの基礎――成立の背景からビジネスモデル、今後の展開予想まで (2/2)

[戸田鉄平,スパイア]
前のページへ 1|2       

広告取引で発生したマージンがTrading Deskの収益

 米国と異なり、日本国内では広告はマージン制で取引がされています。そのため、Trading Deskの多くは、広告取引で発生したマージンが本質的な利益です。

 米国では一般的に、広告運用に対して運用フィーやレポーティングフィーといった費用が発生しますが、日本の商慣習では実現されていません。

 今ではまだ価格競争にはなっていませんが、アドテクノロジーのさらなる進化によって、運用による差別化ができなくなった途端、値引き合戦が始まります。その結果、Trading Deskは淘汰されていくでしょう。そのような事態を回避するためか、各社は独自に運用ノウハウを体系化したり、独自のソリューション開発に力を入れているように見受けられます。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading