ニュース
» 2012年12月14日 08時00分 公開

【連載】ARをマーケティングに応用する:第3回 仮想空間で試着できる時代――拡張現実技術のマーケティング応用事例 (2/2)

[亀山悦治,ナレッジワークス]
前のページへ 1|2       

3. なんと! 洋服の下が透けてみえるAR連動カタログ「Moosejaw X-Ray」

 Moosejaw は、ミシガン州に本社を置くアウトドアギアーを専門に販売する小売業者だ。アメリカの10カ所以上に店舗を持つが、インターネット上でもかなり好調といわれている。Moosejawのキャッチフレーズは“狂気の愛”。奇抜なマーケティングを行うことでも有名だ。ここで紹介するスマートフォン向けのアプリケーション「X-Ray」はそんなコンセプトから生まれたのかもしれない。ちなみに、これを実現した技術は、米国Qualcomm(クアルコム社)のAR技術Vuforia(ヴューフォリア)だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading