ニュース
» 2018年10月10日 22時00分 公開

プログラマティック広告の健全性向上へ:SSP「MicroAd COMPASS」がドメインスプーフィング攻撃の自動検知と広告停止機能を搭載

マイクロアドは、媒体社向け広告プラットフォーム「MicroAd COMPASS」において、アドフラウド対策の一環として、ドメインスプーフィング攻撃のリアルタイム検知と広告配信停止機能を搭載した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

マイクロアド | ネット広告


 マイクロアドは、媒体社向け広告プラットフォーム(SSP)サービス「MicroAd COMPASS」において、アドフラウド対策の一環として、ドメインスプーフィング攻撃のリアルタイム検知と広告配信停止機能を搭載した。

 ドメインスプーフィングとは、広告掲載先サイトが、広告取引においてWebサイトのURLを偽ることで、不正に広告収益を獲得するアドフラウドの手法。

 新機能の搭載によって、リアルタイムにドメインやURLを詐称するサイトを検知し、即時に広告配信を停止することが可能になる。これにより、広告掲載先の透明性を向上させ、健全な広告配信を実現する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading