特集
» 2018年02月16日 20時00分 公開

最新版「Adobe Experience Manager 6.4」の特徴:人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?

アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴をまとめた。

[ITmedia マーケティング]

 アドビ システムズ(以下、アドビ)は2018年2月9日、「Adobe Experience Manager 6.4」のリリースに伴う記者説明会を開催した。本稿では、同社プロダクトソリューションコンサルタント米窪洋子氏の説明を基に、新製品のポイントとなる部分を紹介する。

アドビ システムズの米窪洋子氏

Adobe Senseiが提供する最良の顧客体験とは

 Adobe Experience Manager(以下、AEM)は、さまざまなデジタルコンテンツと、そのコンテンツがもたらす顧客体験を、チャネルの特性や顧客ニーズに基づき、最適化するためのコンテンツ管理システム(CMS)だ。同製品は以下4つのツールから成る。

  • SITES:Webコンテンツ管理機能を持つ
  • ASSETS:画像や動画、テキストなどのコンテンツ資産を管理する
  • DYNAMIC MEDIA:ASSETSのアドオンで、インタラクティブコンテンツを生成する
  • LIVEFYRE:SNSやブログにユーザーが投稿したコンテンツを検索・管理して自社コンテンツに取り入れる

 「現在、企業は増え続けるデジタルコンテンツや多様化するチャネルへの対応に加え、顧客ニーズに基づく最適化したメッセージを提供するため、コンテンツの制作・管理や配信に多大な工数をかけています」

 米窪氏は、今日のマーケティング部門が抱える課題をこのように指摘する。この課題を解決するため、最新版のAEM 6.4では、同社の人工知能(AI)フレームワーク「Adobe Sensei」を取り入れ、コンテンツの制作・管理から、配信最適化に至る一連のプロセスを強化したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading