まとめ
» 2017年10月08日 16時00分 公開

週刊「調査のチカラ」:「筋肉の衰えを感じる」 40〜69歳の8割超

「体育の日」「冷凍めんの日」「魚の日」他。記念日がいっぱい。調査データもいっぱい。「調査のチカラ」を引き続きよろしくお願いします(週刊「調査のチカラ」の連載は今回が最終回です)。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

調査 | ランキング | マーケティング | 興味 | 統計


 天高く馬も人も肥ゆる秋。食べ物がおいしい季節ですが、ITmedia マーケティング読者の皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか。2017年10月9日は「体育の日」。昭和の時代に少年期を過ごした人にとっては1日早いイメージがあるかもしれませんが、いいじゃないですか3連休だもの。普段運動する習慣のない人が体を動かすきっかけにしてみるのも、悪くはない気がします。体脂肪の蓄えはほどほどに、メタボダメ絶対の精神で健康増進に励もうではありませんか。

小中学生に人気のスポーツ

 バンダイは、10月9日の体育の日およびスポーツの秋に向けて、小学1年生から中学3年生の子どもを持つ親900人を対象に「小中学生のスポーツに関する意識調査」を実施しました。体育の授業以外でスポーツをしている子どもは全体で59.9%(男子:68.2%、女子:51.6%)でした。行っているスポーツの総合トップ3は、3年連続で「水泳」(16.4%)、「サッカー」(8.9%)、「テニス」(6.0%)。男女別に見てみると、男子は「水泳」「サッカー」「テニス」、女子は「水泳」「テニス」「ダンス」という結果になりました。また、男女共に「卓球」が トップ5にランクインしています。好きなスポーツ選手について聞いたところ、女子からの圧倒的な支持を得て、フィギュアスケートの浅田真央さんが2年ぶりに総合1位となりました。2位はテニスの錦織 圭選手、3位はフィギュアスケートの羽生 結選手でした。女子だけで見ると浅田さん、羽生選手、本田真凜選手でトップ3をフィギュアスケート勢が独占。この種目の注目度の高さがうかがえます。

「年を取ったな」と感じる瞬間

 東京オリンピックに向けて若いアスリートの活躍が注目されていますが、一方でアスリートでもなければ若くもない方々の間でも、エクササイズに励む人は増えているようです。アクティブシニアの筋力はどうなっているのでしょうか。雪印ビーンスタークは、40〜69歳の男女計600人を対象に「美容・筋肉・栄養」に関する意識調査を実施しました。これによると、回答者の86%が「筋肉の衰えを感じる」と回答。「年を取ったな」と感じた瞬間がある人は実に91%に上りました。具体的にどんな場面でそう感じたか聞くと「階段を昇り降りしたとき」と答えた人が男女共に約半数。また、「運動をした後」に感じると答えた人も多いようです。今後も一番維持させたいものについて「筋力、記憶力、肌の状態、視力、歯の本数、血圧、肝機能」の中から選択してもらったところ、「記憶力」に次いで多かったのが「筋力」。一方で筋肉を維持するために食事に気を遣っている人は24%にとどまっています。体を動かすことにはそれなりに関心が高くても「汗をかいた後の一杯は最高」などと、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしては元の木阿弥。分かっちゃいるけどやめられないというところもありますが。

《クリックで拡大》

日本で一番愛されている麺

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading