連載
» 2015年06月12日 08時00分 UPDATE

【連載】インターネット時代の企業PR 第33回:国際資格停止に揺れるバスケットボール界をPR視点から眺めてみると

これまで話題になることの少なかった日本のバスケットボールがマスメディアやインターネットを賑わせています。この話題が門外漢の人の関心さえも呼ぶのは、そこにPRの要素がそろっているからです。

[細川一成,電通パブリックリレーションズ]

 いきなり個人的な話で恐縮なのですが、最近注目している球技があります。

 なでしこジャパンが奮闘を続けるサッカーも、激しいペナントレース争いが気になるプロ野球も、そしていよいよ世界選手権を迎えるラグビーやアメリカンフットボールももちろん興味深いのですが、このところ筆者の心をとりこにしているのは、何を隠そうバスケットボールです。

 いつからスポーツの連載になったんだ? とお思いになる方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、ご心配なく。今回もいつも通りPRの話です。

 今回は、このところ何かと話題になることの多い日本のバスケットボールについて、PRの視点から取り上げてみたいと思います。

今、バスケットボールに何が起こっているのか?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by