ニュース
» 2014年10月14日 16時00分 UPDATE

顧客ごとに最適な情報配信:ユミルリンク、メール配信システム「Cuenote FC」とブレインパッドのレコメンドエンジンとの連携を開始

阪急阪神東宝グループのユミルリンクは10月14日、同社のメール配信システム「Cuenote FC」と、データ分析事業を営むブレインパッドのレコメンドエンジン「Rtoaster」とが連携したと発表した。これによりCuenote FCで、顧客ごとに最適な情報を配信できるという。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 具体的には、Rtoasterによりウェブの閲覧/購買などの行動履歴、アクセスしたコンテンツなどを対象にテキストデータ解析を行い、顧客1人ひとりに「閲覧する確率が高い情報」「購入確率の高い商品」などのメッセージを配信する。

 今回の連携機能は、ビジネス書出版大手のダイヤモンドが運営する情報メディアサイト「ダイヤモンド・オンライン」にも導入されている。ダイヤモンドは「アクティブユーザーの活性化、休眠ユーザーの掘り起こしなどを目的に、既存のプライベートDMPやレコメンドエンジンと連携しやすいCuenote FCを採用した」と述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by