ニュース
» 2014年04月25日 08時00分 UPDATE

【連載】O2Oマーケティングに挑む:(前編)オムニチャネルで1つのブランド体験を――ギャップジャパンのマーケティング戦略 (1/2)

「O2O」「オムニチャネル」の考え方はかつての「クリック・アンド・モルタル」と基本的には同じである。しかし、市場環境は明らかに異なる。私たちは進化し続けるIT環境の中でビジネスを革新し続けていかなければならない。衣料品大手ギャップジャパン マーケティングディレクター 遠藤克之輔氏に、同社が展開するオムニチャネル戦略の現状と今後の展開を聞いた。

[小川和也,グランドデザイン&カンパニー/SPARK]

店舗にあるさまざまな資産をオンラインとつなぎ、相乗効果を生む

spark04_01.jpg ギャップジャパン株式会社 マーケティングディレクター 遠藤克之輔氏

小川 ギャップジャパンでは、「O2O」や「オムニチャネル」をどのように捉えていますか。

遠藤 当社にとって、新しいものでは決してありませんが、間違いなく取り組まなくてはいけない戦略の1つです。言葉としては、グローバルで「オムニチャネル」で統一しています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by