ニュース
» 2014年03月14日 14時06分 UPDATE

購買行動を促進:米Twitter、新しい広告機能「Click-to-Call広告」ベータ版を検証中?

米Twitterは現在、モバイルユーザーが広告先をダイレクトに呼び出すことができる機能「click-to-callボタン」を検証しているという。広告主に対して容易にアクションが取れ、購買行動につながりやすくなる。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

Twitter | 広告 | Click-to-Call


 ClickZ.comが2014年3月12日に掲載した記事“Twitter Testing Click-to-Call Ad Feature”(「Twitter、Click-to-Call広告機能を検証中」)で明らかになった。本件に関し、ClickZ.comがTwitterバイスプレジデントでグローバル・オンライン・セールス担当のリチャード・アルフォンシ氏に確認したところ、特に詳細なコメントはなかった。あくまでベータ版検証中とのことで、リリース時期は未定。

news20140314_02.jpg

 このclick-to-call機能は文字通り、ユーザーが広告主に対して容易にアクションを取れる機能。これにより既存のプロモーションツイートやトレンドツイート、アカウントを拡張することで、ユーザーはTwitter経由でダイレクトに広告主とインタラクションできる。例えばTwitterで時間内キャンペーンやセールの案内を拡散すると、それを見たユーザー側がレストランの予約や商品の注文といった購買行動につながりやすくなる。

 アルフォンシ氏は「これまでTwitterは、エンゲージメントや認知度の向上、流行の把握といったように、セールスファネルの上層部分に対してソリューションを提供してきた。今回の新機能により、コンバージョンを促進するファネル下部の分野でも企業を支援していく」と述べている。

※本記事は、2014年3月12日にClickZ.comに掲載された記事“Twitter Testing Click-to-Call Ad Feature”(「Twitter、Click-to-Call広告機能を検証中」)を基に加工編集した記事です。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading