ニュース
» 2012年12月13日 20時13分 UPDATE

Web上のユーザー行動を解明:ブレインパッドとFringe81、第三者配信アドサーバのデータを利用した分析サービスで業務提携

ブレインパッドとFringe81は12月13日、Fringe81の第三者配信アドサーバ「digitalice」のログデータを利用した分析サービスの提供に関して業務提携に合意したと発表した。

[ITmedia マーケティング]

 Fringe81の第三者配信アドサーバ「digitalice」に蓄積されたデータや「アトリビューション分析」で得た知見と、ブレインパッドの大量データを含むデータマイニング技術、分析力を組み合わせたサービスを提供する。これによりクライアント企業は、広告配信からコンバージョンまでを1つの経路として見ることが可能となる。

 最初の取り組みとして両社は、digitaliceで取得可能な「自然検索キーワード」 「リスティング広告キーワード」「各媒体のビュー/クリックデータ」「自社サイト訪問ログ」などのデータを利用し、「カスタマージャーニー分析サービス」を提供する。

 カスタマージャーニーとは、「いつ、どの媒体で広告を配信したかという、媒体情報から、クリック、キーワード検索、自社サイトでのコンバージョンに至るまでのユーザー行動の全配信履歴ログ」のこと。カスタマージャーニーを分析することにより、Web上で行動するユーザーが、特定のサービス/商品をどのように認知、情報収集し、コンバージョンに至るかの過程を観察することができるようになる。具体的には、ユーザーの行動を「指定競合ワード検索」「広告接触」「自社サイト第一階層閲覧」「コンバージョンフロー到達」「コンバージョン」などにカテゴライズする。次に「それぞれの行動の期間、順番、頻度」と、「コンバージョンの関係」を分析し、ユーザーの行動パターンを可視化する。

 両社は今後、アトリビューション分析に関するサービスや、ブレインパッドの開発/提供するソフトウェアとdigitaliceのデータを統合したサービスを開発する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading