ニュース
» 2012年11月02日 08時07分 UPDATE

マーケティングエンジン代表取締役 社長 尾花淳さんに聞きました:インバウンドマーケティングは市場創造の1つの方法

2012年8月に設立されたばかりの新会社「マーケティングエンジン」。日本初のインバウンドマーケティングエージェンシーを標榜する同社の代表取締役社長 尾花淳氏に新会社設立の背景やインバウンドマーケティングの可能性を直接聞いてみました。

[谷古宇浩司,ITmedia マーケティング]

インバウンドマーケティング:時代状況に合致したマーケティングコンセプト

obana590.jpg マーケティングエンジン 代表取締役社長 尾花淳氏

谷古宇 2012年8月に「マーケティングエンジン」が設立されたわけですが、新会社の事業戦略を教えてもらえますか。

尾花 「マーケティングエンジン」の事業戦略をお伝えするには、インバウンドマーケティングについてのわたしたちの考えと会社設立までの経緯をお話しするのが近道だと思います。

谷古宇 尾花さんは「ITmedia マーケティング」で「基礎から理解するインバウンドマーケティング」という連載記事を執筆していて、インバウンドマーケティングのコンセプトを分かりやすくまとめています。

尾花 インバウンドマーケティングというコンセプトが普及し始めた背景には、普通に生活をしている私たち消費者の情報行動の変化があります。私たちはネット検索をすれば最低限必要な情報は手に入ると感覚的に認識しています。何か気になることがあるとまずは検索をしてみる、これがごく日常的な行為となりました。また、メディアを通じて送られてくる情報を受け取るだけでなく、検索エンジンの普及で自ら情報を調べるようにもなりましたし、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアによって、友人/知人というフィルターを介して情報を受け取るようにもなってきています。消費者が検索やソーシャルメディアを通じて取得する情報の特徴の1つは、不特定多数のうちの「誰か」に向けられたものではなく、「自分の興味/関心にあったもの」ということです。(他人にとってはもしかすると不要かもしれないけれど)自分にとっては必要で質の高い情報を消費者は得られる状況にあるのです。また、その裏側には、人々がソーシャルメディアを通じて情報を共有することも日常的に行われているということがあります。

 一方、情報を発信する立場の企業にとっては、自分たちの顧客になり得る人々に最適な情報を届けられるチャンスでもあるわけです。その時に何が必要なのかというと、まずは、その企業の専門性を生かした質の高いコンテンツです。質が高いとは、言い換えるならば、「役に立つ」ということです。

 検索エンジンの精度は高まり続けるでしょう。また、新たなキュレーションプラットフォームが出てきて、ソーシャルメディア同様にユーザー間でのコンテンツ編集やフィルタリングの仕組みが出てくるかもしれません。いずれにしても、人々は自分に最適な情報の取得を望み、企業には人々が望む情報の提供が求められます。

谷古宇 専門性が高くて、質もいい情報を発信し続けることで、その企業は自社と相性のいい消費者を自社サイトに呼ぶことができるようになる。旧来のメディア広告やリスティング広告が担っていたいわゆる集客の役割の一部を、オーガニック検索やソーシャルメディアによるクチコミが今以上に担うことになるというわけですか。インバウンドマーケティングは、そんな時代状況に合致したマーケティングコンセプトであると。

尾花 はい。ただ、それはインバウンドマーケティングというマーケティングコンセプトのほんの一部に過ぎず、その後には、自社サイトに来ていただいた顧客候補たる人々を“育成”するリード管理などのマーケティングアクションが続きます。そういう意味で、インバウンドマーケティングというのは、市場創造の新しい手法の1つであるとも言えるのです。そんなインバウンドマーケティングをキーコンセプトとしたマーケティング戦略の立案、戦略を実装するためのITツールの選定/導入、コンテンツ制作などの具体的な運営支援がマーケティングエンジンの事業の柱となります。

会社設立の背景:コムニコとスケダチから始まる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


news015.jpg
スマートフォンアプリ広告の新潮流 後編:

侯 明昊 2016年5月19日

【連載】営業の生産性を向上させる「インサイドセールス」活用術 第1回:

岩永信義 2016年5月17日

B2B営業を成果につなぐブランド戦略:

山口義宏 2016年5月16日

【連載】インターネットマーケティングの次世代KPI 第1回:

太田 滋 2016年5月10日

【連載】次世代エンタテインメントマーケティング 第3回:

高野修平 2016年5月2日

news029.jpg
【連載】Google アナリティクス360スイート完全攻略 第1回:

野口竜司 2016年5月24日

非利用者も約半数が「興味あり」:

 2016年4月22日

【連載】初めての競合分析 第1回:

山屋 豪 2016年4月14日

【連載】ソーシャルゲームに学ぶ「攻め」のデータ分析 第2回:

伊藤 学 2016年4月13日

クラウドサービスとパッケージで:

織茂洋介 2016年3月31日

news028.jpg
【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第2回:

永井俊輔 2016年5月18日

クラウド化が進むコンタクトセンターソリューション市場:

 2016年5月13日

「テラスモール湘南」実証実験をレポート:

織茂洋介 2016年5月4日

スマートフォンアプリ広告の新潮流(中編):

侯 明昊 2016年4月28日

news058.jpg
【連載】インターネット時代の企業PR 第43回:

細川一成 2016年5月20日

週刊「調査のチカラ」:

やまもとはるみ 2016年5月7日

【連載】インターネット時代の企業PR 第42回:

細川一成 2016年4月18日

“Facebookファースト”で考える(後編):

佐藤俊介 2016年3月25日

“Facebookファースト”で考える(前編):

佐藤俊介 2016年3月24日

news014.jpg
【連載】データと調査で“愛されWeb”を作る 第1回:

太田文明 2016年5月9日

「Adobe Marketing Cloud Customer Experience Forum 2016」レポート:

織茂洋介 2016年5月6日

【連載】オウンドメディアで企業のブランド価値を高める 第5回:

後藤 洋 2016年4月5日

トライベック・ブランド戦略研究所が調査:

 2016年3月18日

【連載】オウンドメディアで企業のブランド価値を高める 第4回:

後藤 洋 2016年2月4日

Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧