P&Gに学ぶ「マーケティング内製化」で起きるいいことプレイバック注目コンテンツ

内製化を進める上での課題とは何か。CPG(消費財)大手で数々のブランドを擁するP&Gの取り組みについて、海外発のレポートでキャッチアップ。

» 2023年05月28日 08時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 デジタル広告の運用をはじめとするマーケティング業務をエージェンシーなどにアウトソーシングせずに社員が自前で回す「インハウスマーケティング」の潮流は大企業にも浸透しつつあります。

 CPG(消費財)大手Procter & Gamble(P&G)のファブリックケア部門は、メディアプランニングとバイイングをインハウス化したことで、年間6500万ドルのコスト削減に成功したと報じられています。

 全米広告主協会(ANA:Association of National Advertisers)メディアカンファレンスのライブ配信基調演説で「社内でより多くの仕事を生産的にこなし、同時に代理店とのパートナーシップを強化することで、より大きな価値を生み出せることが分かってきた」との述べたのは、P&Gで最高ブランド責任者(CBO)を務めるマーク・プリチャード氏。

 コスト削減はもちろん重要ですが、それだけにとどまらない内製化のメリットとはどのようなものか。一緒に考えてみませんか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション