連載
» 2022年05月12日 09時00分 公開

メタバースネイティブとしての「α世代」 攻略の鍵は?Marketing Dive

「α世代」は結局のところ「Z世代」以前の世代とはどう違うのか。ブランドはなぜこのコホート(世代)を理解する必要があるのか。α世代攻略が生死を分ける3つの産業を例に解説する

[Jennifer Mandeville,Marketing Dive]
Marketing Dive

 2010年から2025年の間に生まれた(または生まれる予定の)0歳から12歳までの次世代消費者であるα世代(Generation Alpha)にブランドはどのようにアプローチすべきか。Merkleでメディア戦略担当ディレクターを務めるJennifer Mandeville氏のゲスト投稿をお届けする.

編注:本稿は3回シリーズの第3弾で「Z世代の次、史上最大の消費力を持つ『α世代』とは?」「『α世代』の“親の財布”を狙え」の続き。意見は著者自身のものです。

eBook 無料ダウンロード

よく分かる「デジタルネイティブ」入門(無料eBook)

 モノ売りからコト売りへとビジネスの課題がシフトする中、LTV(顧客生涯価値)の最大化はマーケターにとって最重要テーマといっても過言ではありません。とりわけ無視できないのが、文字通り長いライフタイムが見込まれる若年層との関係構築です。これまでの世代にない価値観を持ったデジタルネイティブを理解することは、ビジネスの持続的な成長に向けての第一歩となるものです。ITmedia マーケティングは2021年2月に電通デジタル「YNGpot.」による特別寄稿「デジタルネイティブの『今』」を連載。このほど、その全4回を再編集し、一本の無料eBookとしてまとめました。

(右の画像をクリックしてダウンロード)


結局、ブランドはα世代とどう向き合えばいいのか

© Industry Dive. All rights reserved.