調査リポート
» 2020年08月18日 23時00分 公開

今日のリサーチ:Official髭男dism、菅田将暉、King Gnuがリーチ力で急上昇 嵐はストリーミング解禁で支出喚起力が前年の1.5倍

博報堂DYメディアパートナーズと博報堂が発表した毎年恒例の「リーチ力・支出喚起力ランキング」。新たにランクインしたコンテンツに共通する特徴とは何でしょうか。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

調査 | 博報堂 | ランキング


 博報堂DYメディアパートナーズと博報堂の共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」は、毎年実施している全国調査「コンテンツファン消費行動調査」の2020年版を実施。そのデータを基に最新の全11カテゴリー計1000以上のコンテンツに関する「リーチ力・支出喚起力ランキング」を算出しました。

 リーチ力ランキングの上位に急上昇したのはOfficial髭男dism、菅田将暉、King Gnu。支出喚起力で1位の嵐は2019年11月にストリーミング解禁を行った効果か、前年の1.5倍以上に。また、新しく上位にランクインしたコンテンツの半数が男性アイドルグループで、2020年1月にCDデビューを果たしたSnow Manも急上昇を見せています。

『鬼滅の刃』がリーチ力・支出喚起力ともに上位にランクイン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.