特集
» 2020年07月22日 18時00分 公開

越境EC成功の鍵はライブコマース:訪日インバウンド需要が“蒸発”したコロナ後、中国の消費者の心をつかむには? (1/2)

中国最大手のECコンテンツマーケティング支援企業であるMoli Mediaが日本市場に進出。同社の強みと中国向け越境ECの可能性についてキーパーソンが語った。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

 中国のEC市場が一年の中で最も活性化する日といえば、W11(独身の日)として知られる11月11日だ。この日に一大セールを実施して独身者の購買を促すという企画は、もともとAlibaba Group(阿里巴巴集団)が運営するオンラインショッピングモール「Tmall(天猫)」の仕掛けによるものだった。

 そのTmallのトップパートナーでありW11において売り上げ150億円以上の企業の5割を支援するのが、ECコンテンツマーケティング支援企業のMoli Mediaだ。コンテンツ戦略の策定からクリエイティブ制作、PDCA管理、ROI検証までワンストップでサービスを提供する同社は2020年6月、日本でインタラクティブマーケティング支援を手掛けるイーライフと業務提携を締結。日本企業の中国向け越境EC支援事業を本格的に始動した。

 Moli Mediaの強みはライブコマース、つまり動画コンテンツの生配信を通じてモノを売るノウハウだ。この新たな商流は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大で「蒸発」してしまったクロスボーダーの経済活動を再び回す上で、重要な鍵になる。のみならず国内のビジネスにおいても、ライブコマースはコロナ後に取り組むべきテーマの一つとなるかもしれない。

 本稿では、イーライフが主催した記者発表会におけるMoli Media共同創業者兼CMOのデン・シャオジン氏のプレゼンテーションを基に、同社のユニークなビジネスモデルと現在の中国のECトレンド、今後の中国向け越境ECの展望について考察する。

Moli Media共同創業者兼CMOのデン・シャオジン氏

ECコンテンツマーケティングで成長するMoli Mediaの4つの強み

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.