調査リポート
» 2020年05月29日 15時00分 公開

今日のリサーチ:Zenlyで見る「自宅滞在率」 都道府県別および国別比較

ゴールデンウイーク中の日本でコロナ感染防止に最も努めたのは自宅滞在率約78%の北海道でした。国別自宅滞在率トップはニュージーランド。日本も世界平均を上回る結果です。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

調査 | 新型コロナウイルス


 友達や家族と位置情報を共有するコミュニケーションアプリ「Zenly」が人気です。これを提供するZenlyが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴う世界的な外出自粛の動きを受け、国別や都道府県別の「自宅滞在率」を発表しました。

 これは同社がCOVID-19拡大防止の取り組みの一環としてアプリに実装した「自宅滞在チャレンジ」機能を通じて取得したデータに基づいたもの。自宅滞在チャレンジは、どれだけ長く自宅で過ごしたかを友達とゲーム感覚で競うことで、外出を控えることに逆に誇りを感じられるという狙いがあります。

 全国47都道府県の中から人口の多い上位9都市を対象にゴールデンウイーク(2020年5月4〜10日)期間のランキングを集計したところ、1位となったのは北海道でした。北海道は2月中旬ごろからCOVID-19が拡大し、2月下旬には独自に緊急事態宣言を発令しました。一度は感染拡大が収まったと見られましたが、4月中旬に第2波を経験したこともあり、ゴールデンウイーク期間も他の地域に比べて人々の外出自粛に対する意識が高かったと考えられます。

都道府県トップ5の自宅滞在率は76%だが東京都は……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.