調査リポート
» 2020年03月10日 19時00分 公開

今日のリサーチ:新型コロナウイルスの影響による全国の繁華街・観光地の訪問者数減――クロスロケーションズ調査

全国の位置情報ビッグデータからAIが推計。著しい変化を観測しています。

[ITmedia マーケティング]

 クロスロケーションズは、自社開発する位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」の特徴エリア別定点観測機能を使用し、新型コロナウイルスに関する人流変化のモニタリング調査を開始しました。その結果、全国の繁華街・観光地で訪問者数が減少傾向にあることが明らかになりました。

都心で20〜25%減、京都の観光地では40%減

 今回は全国の観光地・繁華街での人流変化を新型コロナウイルス感染拡大懸念が広がり始めた2月初旬と2019年12月で比較調査しました。その結果、外国人観光客が多く訪れる都心の繁華街では、銀座で約25%、新宿歌舞伎町エリアでは約20%の人流減少が認められました。週末の来訪数を1時間ごとに比較すると、一日を通して訪問数が少なく、外出を控える傾向が伺えます。

新宿・銀座エリアの人流比較《クリックで拡大》
同エリアにおける週末来訪数の1時間ごとの比較《クリックで拡大》

 北海道札幌市のすすきのエリアも前年12月と比較して訪問数が約30%減少。特に土曜夕方の時間の訪問者は約40%減少しています。京都の観光地・伏見エリアも訪問者数が約25%減少。週末の人流比較では、時間帯によっては約40%の減少も見られました。

京都伏見エリアにおける週末来訪数の1時間ごとの比較《クリックで拡大》

 出口の見えない混沌(こんとん)の中で、経済へのダメージは顕在化しつつあります。生活に平穏を、街に活気を、一日も早く取り戻したいところです。

「調査のチカラ」更新中

調査のチカラ

ITmedia マーケティングの姉妹サイト「調査のチカラ」には、さまざまなリサーチデータへのリンクがジャンル別にまとめられています。

調べたいことがあるときには検索を行うことで、簡単にたくさんの調査データへアクセスできるようになっています。

それぞれの調査データは、内容に応じたタグや関連調査データへのリンクが設けられているので、思わぬ発見も期待できるはずです。

収録されたデータは約10万件。資料作成や企画立案のための情報源として、ぜひご活用ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.