調査リポート
» 2020年01月24日 15時00分 公開

今日のリサーチ:ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査

国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

コラボレーション | Dropbox | 調査


 Dropbox日本法人のDropbox Japanは、日本国内のナレッジワーカーの有職者(製造業、運輸業の一般職は除く)800人を対象に、企業の創造性とITツール利用に関する実態調査を実施しました。

 ITツールの利用によって業務効率が上がったと感じているのは、調査対象者全体の約4割(39.3%)でした。特に20代ではコミュニケーション効率の改善を感じる傾向が強く、「仕事相手とのやりとり、コラボレーションがしやすくなった」「業務上のやりとりにおけるストレスが軽減した」と答えた回答者の割合は、それぞれ56.8%、45.5%となりました。

 一方50代に着目すると、この項目の数字はそれぞれ30.7%、31.7%にとどまっており、世代間のギャップが明らかになりました。

好調な企業に勤務する回答者の約8割がオープンコラボレーションを重視

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.