ニュース
» 2019年10月28日 13時00分 公開

IASと連携:楽天インサイト、「R-アドベリフィケーション・インサイト」の提供を開始

適切にオンライン広告に接触したと判断された閲覧者のうち「楽天インサイト」に登録しているモニターに対し、アンケート調査を実施。

[ITmedia マーケティング]

 楽天グループのリサーチ会社である楽天インサイトはアドベリフィケーション(広告の価値毀損に関する検証と対策)ツールを提供するインテグラル アド サイエンス(IAS)と連携し、「R-アドベリフィケーション・インサイト」の提供を開始した。これはクライアント企業が運用型広告配信プラットフォームを通じて配信したオンライン広告が指定したターゲットに適切に配信されているかを分析し、広告接触者のブランド認知や購買意欲がどのように変化したかを調査するサービス。デジタル広告の課題となっている「アドフラウド」「ビューアビリティー」「ブランドセーフティー」のリスクレベルをIASが提供するさまざまな指標により計測した上で、適切にオンライン広告に接触したと判断された閲覧者のうち、「楽天インサイト」に登録しているモニターに対し、アンケート調査を実施する。

  • アドフラウド:広告において不正なインプレッションやクリックが発生していないか
  • ビューアビリティー:実際にユーザーが広告を閲覧できる状態にあるか
  • ブランドセーフティー:ブランド毀損の可能性があるサイトへ広告表示がされていないか

 アンケートでは、広告主とその商品、サービスに対する認知および購買意欲が広告閲覧前後でどのように変化したかを調査する。従来の調査ではブランド毀損の恐れがあるサイトに広告が掲載された場合や掲載サイト上でのビューアビリティーが低い場合でも、アンケートモニター自身の申告次第で広告に接触したと見なされ、調査対象として抽出されてしまうことがあった。今回のサービス提供により従来の調査より正確かつ精緻な調査報告が可能となり、より効率的なマーケティング活動に寄与することができるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading