調査リポート
» 2019年10月24日 08時06分 公開

今日のリサーチ:Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」

データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、データフィード管理環境などについてまとめています。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

調査 | ディスプレイ広告


 フィードフォースは、同社が提供するセルフサーブ型商品データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」利用企業などを対象に「データフィード利用状況調査2019」を実施しました。その結果、各社の管理データフィード数は平均4.1で、前回調査(2018年11月)の結果である平均3.4フィードから大きく増加していることが分かりました。データフィードを複数の媒体や施策に活用する傾向が強くなっていることがうかがえます。

 管理データフィード数を利用媒体ごとに集計すると、Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が多く利用されています。

LINEやヤフーのダイナミック広告利用も急伸

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading