ニュース
» 2019年09月30日 16時00分 公開

質の高いコンテンツへ広告配信:フリークアウトと在京民放5社、広告マーケットプレース「TVer PMP」を共同開発

民放公式テレビポータルサイト「TVer」などの動画配信サービスのプレミアム広告在庫によるインストリーム広告マーケットプレース。

[ITmedia マーケティング]

 フリークアウトは、在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)と提携し、フリークアウトが提供している媒体社向けプロダクト「Red for Publishers」を用いて、民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」および各放送局が運営する動画配信サービスなどのプレミアムな広告在庫によるインストリーム広告マーケットプレース「TVer PMP(Private Marketplace)」を共同で開発、国内外のDSPへ向けた提供を開始する。

 TVerは、各局の好きな番組を好きなときに好きな場所、好きなデバイスで、自由に視聴できるサービス。2019年4〜6月期の番組再生数は2億回超、2019年6月の動画再生数は7365万回、MAU(月間アクティブユーザー)は817万人に及ぶ。ダウンロード数はキャッチアップサービス全体で合計3700万ダウンロードを記録し、キャッチアップサービスへのインストリーム動画広告の配信は、堅調な動画広告市場において今後さらに拡大が想定される。 TVer PMPは、放送局により厳しく管理・作成された優良なTV番組コンテンツを視聴中に掲載されるインストリーム動画広告であることから、従来のデジタル広告市場が抱えるブランドセーフティーやビューアビリティの課題を解決することが可能。また、放送と同様のフォーマットでCMが挿入されるため、他のインストリーム動画広告と比較して、非常に高い完全再生率(2019年5月実績:93.6%、在京5社平均)を持つ。

 在京民放5社が主体となって広告マーケットプレースを運営し、各放送局が保有する広告在庫を互いに拠出するセールスは初めての試みとなり、広告主はこのTVer PMPに接続されたDSPを通じて各放送局の在庫を横断して一括配信することが可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading