調査リポート
» 2019年09月24日 17時00分 公開

今日のリサーチ:消費税増税後の購買動向はどうなる?――カタリナ マーケティング ジャパン調査

消費増税前後における売り上げと購買行動傾向を過去の例からカテゴリー別に分析しています。

[ITmedia マーケティング]

 カタリナ マーケティング ジャパンは国内のSM(スーパーマーケット)/GMS(総合スーパー)流通売り上げの5割以上を構成する主要チェーンの1万を超える店舗において、週1億件以上、年間4700万IDの購買データを捕捉しています。

 同社は今回この実購買データを分析し、2014年4月の消費税増税前後での購買客の傾向を振り返り、2019年10月に実施される消費税8%から10%への増税に向けた考察を行っています。

2014年の消費税増税時、駆け込み需要の反動は8週間続いた

 2014年の増税前の駆け込みとみられる売り上げ増加は増税前3週目から始まり、直前週には前年比プラス23ポイントにまで増加。増税後は一転し、売り上げは前年比マイナス25ポイントと、急落しています。その後も前年を下回る週が続き、8週間後の5月最終週頃にやっと前年並みまで回復しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading