ニュース
» 2019年09月17日 20時00分 公開

「AI MIRAI」の新サービス:電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗体験を支援する「AI試乗ソリューション」を提供

自動車販売店での試乗にAIが「同乗」。試乗に対する心理的ハードルを軽減するなどのメリットがある

[ITmedia マーケティング]

 電通と電通デジタルは、AIの活用を社内外で推進する統括プロジェクト「AI MIRAI」の活動の一環として、自動車販売店での試乗体験を支援する「AI試乗ソリューション」の提供を開始した。

 これは電通デジタルと電通がナビタイムジャパンと共同で開発したカーナビアプリと電通独自の日本語AIによる自然対話サービス「Kiku-Hana(キクハナ)」を組み合わせたシステムだ。音声合成にはエーアイの「AITalk」を使用する。

 Kiku-Hanaは自然言語解析や理解、推論などに最適な論理型プログラミング言語AZ-Prologを採用し、これまで難しいとされてきた「日本語の意味」を解析することで、ユーザーが求める人間的な会話、情報提供を可能にする。これを活用し、車載のスマートフォンを通じて試乗客にルート案内や車のセールスポイントの紹介などを行う。導入メリットは以下の通りだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading