ニュース
» 2019年06月21日 20時00分 公開

オン/オフ横断の広告配信と効果検証へ:電通のマーケティングプラットフォーム「STADIA」とLINE Ads Platformがデータ連携

電通デジタルは、電通が提供する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」を活用し、LINEの運用型広告プラットフォーム「LINE Ads Platform」においてオン/オフ横断の広告配信と効果検証ソリューションを提供開始した。

[ITmedia マーケティング]

 電通デジタルは、電通が提供する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」を活用し、LINEが提供する運用型広告プラットフォーム「LINE Ads Platform(以下、LAP)」において、オン/オフ横断の広告配信と効果検証ソリューションの提供を開始した。

 STADIAは、テレビ広告やインターネット広告などへの接触に伴うサイト送客や会員登録といった行動喚起、また認知醸成や興味喚起といった態度変容の効果検証と改善施策を導くツール。一方で、インターネットに結線されたテレビの実視聴ログを基にテレビCM視聴者を推定した上でその人にインターネット広告を配信することもできる。

 今回、STADIAとLAPが連携することにより、実ログベースでのリーチ・ブランドリフトなどを含めた広告効果検証が可能になる。

 これまでもLAPにおいてSTADIAのテレビ実視聴ログデータを使用したターゲティング配信は可能だったが、今回両社のデータを統合し、分析・検証可能でセキュアな環境を協同で整備することで、配信後のテレビ広告とLINE広告の接触/非接触者の実ログに基づくリーチ計測と、マスとデジタル広告の統合効果検証までをパッケージ化した。

 先行事例の国内大手消費財メーカーでは、テレビ広告と並行して、STADIAから抽出した「テレビをあまり見ない層」とLAPの類似拡張機能で抽出したユーザー層を掛け合わせて広告を配信した結果、通常配信と比較してテレビ広告に対するリーチの純増分が1.7倍になった。その後の効果検証では、LAPの類似拡張機能によって配信されたユーザーも「テレビをあまり見ない層」であることが確認でき、拡張精度も担保している。

配信から効果測定までの流れ《クリックで拡大》

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading