調査リポート
» 2019年04月26日 15時00分 公開

今日のリサーチ:メルカリ調査、若者のワンショット消費(例:洋服を買ったら着て写真撮ってインスタに投稿してすぐ売る)が拡大

メルカリは「2019年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動に関する意識調査」の結果を発表しました。

[ITmedia マーケティング]

 メルカリは、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の山本 晶准教授監修の下、全国のフリマアプリ利用者と非利用者1000人を対象に「2019年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動に関する意識調査」を実施しました。

 同調査は3度目。前回調査(関連記事:「『いつかメルカリで売る』が創造する新たな市場とは? 小泉文明社長と識者が語る」)から1年をへて、消費者の意識はどのように変化したのでしょうか。主なポイントは以下のようにまとめられます。

  1. 新品へのこだわりが薄れた
  2. フリマアプリ利用者は不要品を売り、非利用者は保管する
  3. 新品購入の際、リセールバリューをますます意識
  4. 新品購入単価は高くなった
  5. 中高年の中古品購入が増加
  6. 若年層で「ワンショット消費」の傾向が拡大

1. 新品へのこだわりが薄れた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading