ニュース
» 2019年04月23日 18時00分 公開

売り上げ増と業務効率化へ:インサイドセールスの生産性向上へ、「SATORI」と「BIZTEL」が連携

マーケティングオートメーションツール「SATORI」とクラウド型電話サービス「BIZTEL」が連携。インサイドセールス向け機能を強化した。

[ITmedia マーケティング]

 マーケティングオートメーション(以下、MA)「SATORI」を提供するSATORIとクラウド型コールセンターシステム「BIZTEL」を展開するリンクは、両社のシステム連携を開始した。

 セールス業務の効率化のために、見込み客との非対面コミュニケーションを支援するMAツールを導入する企業が増えている。一方、非対面コミュニケーションを実現する有効な手段として、電話を活用してリードナーチャリングやアポイント獲得を行う「インサイドセールス」にも関心が高まっている。

 今回、SATORIとBIZTELが連携することで、両ツールを同時に活用することにより、SATORIの画面上に表示される電話番号をクリックするだけで電話の発信ができるようになり、架電業務を大幅に効率化できる。

 BIZTELのソフトフォンはPCとヘッドセット、インターネット環境があれば利用できるため、時間と場所を選ばず電話によるアプローチが可能となる。テレワーク環境であってもインサイドセールス業務を行うことができる。

 また、インターネットを利用するため、担当者が増えても電話回線を新規に敷設する工事が不要で、組織拡大期にインサイドセールスの席数を増やす際でも工事完了を待つ必要がなく、すぐに席数を増やすことが可能。

 その他、リアルタイムモニタリングやレポート機能、通話録音機能など、通常の電話機だけでは実現できなかった機能が標準搭載されているため、MAに蓄積したデータに加えてこれらのデータを利用したインサイドセールス業務の改善・効率化に取り組むことができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading