ニュース
» 2018年11月20日 22時00分 公開

生活者がパーソナルデータを信託:電通テック子会社の「情報銀行」サービスが始動

電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンスは、生活者主導のパーソナルデータ管理・運用プラットフォームサービスを開始した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

電通 | キャンペーン | CRM | 新会社 | クーポン


 電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンスは2018年11月19日、生活者主導のパーソナルデータ(以下、PD)管理・運用プラットフォーム「MEY(ミー)」の一部サービスを開始した。

 同社は、生活者が信託したPDを1つのIDで統合・管理し、生活者と企業双方にとって価値の高い有益なマーケティング支援サービスを提供するプラットフォームを構築、運用することを目的に、2018年9月に設立された(関連記事:「電通テックが『情報銀行』新会社を設立」)

 MEY上にID登録することで、生活者は自身のPDを集約し重層化することにより、PDの一元管理が可能となり、企業から自分に合ったオファーやインセンティブといったさまざまなメリットを享受できるようになる。

 また企業は、MEY内のPDを生活者許諾の下で活用することで、PDを自社保有するリスクやコストに対する課題から解放され、生活者とのエンゲージメントの強化を目的とした効果的なCRM施策を打つことができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading