ニュース
» 2018年11月09日 23時00分 公開

ブランドセーフな動画広告在庫の取引へ:CCIとアドビ、SpotXが動画広告でのプログラマティック配信で連携

サイバー・コミュニケーションズとアドビ システムズおよびSpotXが動画広告取引で連携。

[ITmedia マーケティング]

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)とアドビ システムズおよびSpotXは、CCIの取扱うプレミアム動画広告在庫を対象に「SpotX」動画広告配信プラットフォームと「Adobe Advertising Cloud DSP」を連携し、プログラマティック取引環境を展開すると発表した。

 近年、インターネット広告におけるブランドの安全性が注目を集めています。今回の連携を通じて、CCIが創出するブランドの安全性が確保された質の高い動画広告在庫の取引を行うことで、Adobe Advertising Cloud DSPを利用する広告主および広告会社は安心・安全な媒体への動画広告出稿及び適切なオーディエンスへのリーチを最大限に高めることができる。一方、SpotXを利用する媒体社はビデオオンデマンドおよびライブの両在庫において収益機会を得ることが可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading