消費行動のきっかけになったSNS 中学生は「YouTube」、高校生は?――スタディプラス調査今日のリサーチ

消費行動のきっかけになるSNSは世代によって微妙に異なるようです。

» 2022年12月12日 14時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 学習管理アプリ「Studyplus」を提供するスタディプラスは、2022年9月16〜22日にかけてStudyplusユーザー(全年齢)を対象にした「SNSの世代別利用傾向調査」を実施しました。

 同調査の回答者は3494人。このうち12〜25歳(2708人)を「Z世代」、26歳以上(786人)を「X・Y世代」と定義しています。

 SNSで得た情報から、消費行動(商品の購入、飲食店への来店、イベント参加など)を起こしたことがあるかを聞いたところ、「ある」と回答したのはZ世代の57.1%、X・Y世代の72.1%に達しました。

SNSで得た情報から消費行動を起こした経験(出典、スタディプラス、以下同)

 世代にかかわらずSNSが消費行動を喚起していることがうかがえます。しかし、行動を起こすきっかけとなったSNSは、世代間で違いがあるようです。

“TikTok売れ”の割合が高い世代は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション