ニュース
» 2018年01月25日 09時00分 公開

広告接点におけるユーザー体験をKARTEに反映:Web接客の「KARTE」が Google アナリティクスとデータの相互連携を開始

プレイドは、同社が提供するWeb接客ツール「KARTE(カルテ)」において、Googleが提供する「Googleアナリティクス」とのデータ連携を開始した。

[ITmedia マーケティング]
連携の概要《クリックで拡大》

 プレイドは、同社が提供するWeb接客ツール「KARTE(カルテ)」において、Googleが提供する「Googleアナリティクス」とのデータ連携を開始した。

 同社では、サイト(ドメイン)間やオンライン/オフラインで分断されていた顧客の体験を人軸で統合し、個別に最適な顧客体験(CX)を可能にするサービス「KARTE CX CONNECT」を2017年12月に開始。これを使うことで、エンジニアによる高度な開発やマーケティングツール間の複雑な連携を必要とせず、「KARTE」のみを介して顧客の体験を横断的に可視化し、それに合わせたアクションが可能になる。現在、メディアや不動産仲介のポータルサイト、ショールームなどの実店舗などで導入されているが今回、インターネット広告との連携を初めて実現した。

 KARTEとGoogle アナリティクスとのデータ連携によって可能になることは、以下の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading