ニュース
» 2017年12月25日 17時00分 公開

3つの進化でデータドリブンな意思決定を推進:アシスト、BIプラットフォーム「WebFOCUS」の新バージョン8.2を提供開始

アシストはBIプラットフォーム「WebFOCUS」の新バージョン8.2を提供開始した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

BI


 アシストは2017年12月25日、日本国内で総販売代理店を務めるInformation BuildersのBIプラットフォーム「WebFOCUS」の新バージョン8.2を提供開始した。

 WebFOCUSは、全社的な情報活用の最適化と定着を支えるBIプラットフォーム。社内の経営層やアナリスト、現場の業務担当者のみならず、社外の顧客やパートナーまで、あらゆるユーザーによる情報活用を実現する。2017年12月現在、国内1250社以上、海外を含めると1万社以上の企業が採用している。

 今回提供を開始する新バージョン8.2では、ポータル機能が大幅に強化され、ユーザーが得た知見や洞察をWebFOCUSのポータル上で素早く共有することで、あらゆる人のデータドリブンかつ迅速な意思決定を支援可能となる。

 バージョン8.2の主な強化ポイントは「コラボレーション」「ビジュアライゼーション」「オートメーション」の3つ。具体的には、以下の通り。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading