まとめ
» 2016年10月22日 07時00分 UPDATE

週刊「調査のチカラ」:購買行動に大きな影響、生き残る企業の「コミュ力」とは?

企業に求められるコミュニケーションチャネルに注目の「消える系SNS」、ビジネスパーソンが健康で働くためのポイントなど、今回は「コミュニケーション」にまつわる調査データをピックアップしてお送りします。

[やまもとはるみ,ITmedia マーケティング]

 政治家や芸能人、企業が発するメッセージに世間が敏感に反応し、いわゆる「炎上」状態になるのを目にすると「対話」の難しさを感じます。新しいチャネルにあったコミュニケーションの作法はマーケティングに携わる人なら押さえておきたいもの。まずは8万件超の調査データへのリンクをまとめた「調査のチカラ」で当世のコミュニケーションの実情を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

消費者が企業に求めるのはコミュニケーションとは?

 トランスコスモスとトランスコスモス・アナリティクスは共同で「消費者と企業のコミュニケーション利用実態調査」を実施しました。同調査によると、企業との良いコミュニケーションによって「購入頻度が増えたことがある」と答えたのは全体の62.2%、「リピート回数が増えた」のは64.0%でした。良いコミュニケーション体験から「商品・サービスを人に薦めた/薦めようと思った」人は52.5%。「コミュニケーションに関する評判の良い企業から購入したい」人に至っては79.3%でした。反対に「コミュニケーションに関する評判の悪い企業から購入したい」人は82.6%。企業が売り上げアップを目指すなら、我慢比べのような価格競争に明け暮れるよりもコミュニケーション能力(いわゆる「コミュ力」)を磨いた方が手っ取り早いのかもしれません。

図 企業とのコミュニケーションによる態度変容(出典:トランスコスモス)《クリックで拡大》

「消える系SNS」の利用率、あの「Snapchat」を抜いたのは?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading