ニュース
» 2014年11月26日 16時00分 UPDATE

日本企業の課題が浮き彫りに:アドビ、APAC地域におけるデジタルマーケティング活動の調査結果を発表

アドビ システムズ(以下、アドビ)は11月25日、アジア太平洋地域各国100名以上のマーケティングリーダーを対象に行ったデジタルマーケティング活動についての実態調査「Adobe APAC Digital Marketing Performance Dashboard 2014」の結果を発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 実態調査は、マーケティング分野の上級管理者や企業のブランドに関する意思決定者によるグローバルネットワーク「CMOカウンシル」と共同で行ったもので、2012年に初めて、香港、韓国、中国、オーストラリア、ニュージーランド、インド、シンガポールの7地域/6カ国で実施された。日本が対象となったのは2013年からで、今回は昨年に引き続いて2回目の調査となった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by