ニュース
» 2014年11月17日 08時00分 UPDATE

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:第47回 顧客を愉快におどかせ! ディズニー、ペプシ、ケンタッキーら有名ブランドの「ハロウィーン企画」を一挙紹介

企業が1年に1回だけ顧客を愉快におどかすことを許される日「ハロウィーン」。海外の有名企業やブランドたちが顧客をおどかそうとあの手この手で行った大胆なプロモーションをご紹介する。

[岡徳之,Noriyuki Oka Tokyo]

 元々は秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う宗教的な意味合いを帯びた祭りだった「ハロウィーン」。しかし今では、子どもたちが近所の家々を訪れてお菓子をもらったり、大人も仮装して街を練り歩いたり、それに企業も新商品の投入やプロモーションなどで便乗し始めたことで、商業的な行事として定着している。

 企業にとって、4月1日のエイプリルフールが顧客を愉快にだます日ならば、10月31日のハロウィーンは「おどかす」日。今年も海外では有名企業たちがあの手この手で顧客をおどかし、本人やその様子を見たひとたちを楽しませようと大胆なプロモーションを行った。特に印象に残ったものをご紹介したい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧