ニュース
» 2014年10月23日 16時00分 UPDATE

ネイティブ広告経由と自然流入の違いは?:ログリー、ネイティブ広告配信サービス「logly lift」をライオンのオウンドメディアに導入

ログ活用および広告配信サービスを手掛けるログリーは10月23日、同社が提供するネイティブ広告配信サービス「logly lift」を、10月23日にローンチするライオンが運営する新生活情報オウンドメディア「Lidea」に導入したことを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 logly lift提携メディアから、オウンドメディアへの流入を増やし、質の高いユーザーにリーチすることが狙い。

 ライオンでは2014年6月より約1カ月間、同社の既存サイトにおいて、logly liftの実証実験を行い、新規顧客誘導率をモニタリングしてネイティブ広告の有効性を検証してきた。評価に際しては、ロックオンが提供する広告効果測定ツール「AD EBiS(アドエビス)」を用いてデータ収集/分析を行い、logly liftのネイティブ広告経由のユーザーと、自然流入によるユーザーの違いを比較。

 主な測定項目は、インプレッション数やクリック数、CTRのほか、セッション数、新規率、直帰率、平均PV、滞在時間など。またこれらに加え、ネイティブ広告の効果測定において重要となる流入元別やデバイス別、コンテンツ別なども測定したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧