ニュース
» 2014年09月08日 11時00分 UPDATE

【連載】IOT(Internet of Things)時代のブランドエクスペリエンス:第5回 IOTで変わる私たちの暮らし――ヒト/モノ/データの新しいつなぎ方 (1/3)

ネットワークに接続されたデバイスが至るところにあるからといって、すぐに私たちの生活が便利になるわけではありません。「ユーザーにとってのよい体験」という利用者側の視点でさまざまなサービスを整備していかなくては、せっかくの技術も宝の持ち腐れになってしまいます。今回は、IOTとヒトおよびデータのつながりを設計する「ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイン」をテーマにお話をします。

[山崎晴貴,スパイスボックス]

IOTで膨らむ夢

 IOTという言葉にある種の「わくわく感」を感じるのは、数十年前はマンガの中だけにしかなかった世界が、一気に現実化しているからだと思います。TRONプロジェクトやユビキタスコンピューティングのようなコンセプト、IBMのスマータープラネットのように、企業が掲げるビジョンが描くのは、センサー技術やネットワークの発達によって、これまでは独立して動いていた機械(モノ)同士が自律的に通信を行う社会ですが、私たちの期待はもっとシンプルで、「機械がインターネットに接続されたら、世の中もっと便利で豊かになるんじゃないか?」というところにあると思います。しかし、ネットワークに接続されたデバイスが至るところにあるからといって、すぐに私たちの生活が便利になるわけではないでしょう。「ユーザーにとってのよい体験」という利用者側の視点でさまざまなサービスを整備していかなくては、せっかくの技術も宝の持ち腐れになりかねません。そんなわけで今回は、IOTとヒトおよびデータのつながりを設計する「ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイン」をテーマにお話をします。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧