ニュース
» 2014年04月02日 13時27分 UPDATE

1億ドル投資:IBM、戦略/データ/デザイン融合のコンサルティングサービスをワールドワイドで展開

米IBMは、企業のカスタマーエクスペリエンスの向上を支援に向けて、1億ドル以上を投資してコンサルティングサービスをワールドワイドで拡張していく計画を発表した。10拠点にラボを設け支援する。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

IBM | ラボ | コンサルタント


 米IBMは3月27日、企業のカスタマーエクスペリエンスのデザインやエンゲージメント支援に向け、1億ドル以上を投資してコンサルティングサービスをワールドワイドで拡張していく計画を発表した。その一環として、バンガロール、北京、グローニンゲン、ロンドン、メルボルン、メキシコシティー、ニューヨーク、サンパウロ、上海、東京の10拠点に「IBM Interactive Experience Lab(IBMインタラクティブ・エクスペリエンス・ラボ)」を開設する。

 IBMインタラクティブ・エクスペリエンス・ラボは、IBMの研究員やコンサルタントに加え、エクスペリエンスデザインやモバイルマーケティング、デジタルマーケティングの専門家チームと協業し、企業のカスタマーエクスペリエンスの向上を支援する。ビジネス上の課題を分析し、次世代のモバイルやソーシャル、アナリティクス、そしてクラウドテクノロジを活用/統合したソリューションをラボ全体で開発していく。本ラボ開設に伴い、カスタマーエクスペリエンスを向上させるビッグデータソリューションとして、同社独自アルゴリズムに基づく次の3つのソリューションを開発した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading