ニュース
» 2013年11月06日 13時41分 UPDATE

O2Oソリューション:Wi2とアクセンチュア、ビッグデータ分析と位置情報を組み合わせた新たなO2Oソリューションの提供を開始

ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)とアクセンチュアは11月5日、Wi-Fiアクセスポイントから収集される位置情報データとビッグデータ分析技術を組み合わせた新たなO2Oソリューションを実現するサービス基盤の共同開発・提供開始を発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 このサービス基盤は、外食産業、コンビニ、アパレルなどの小売業、レジャー・娯楽関連施設や公共交通事業などが顧客の行動を補足し、店舗への効果的な誘導を図ることができるソリューション。Wi2が提供するリアルタイムな位置情報を連続して取得/管理するWi-Fi基盤と、アクセンチュアが提供するHadoopを使った高度なビッグデータ分析基盤で構成されている。

 企業は、自社が提供するスマートフォンアプリなどと本サービス基盤とを連携させることで、アプリをダウンロードした顧客の属性情報や位置情報を取得、またそこから分析した趣味嗜好や行動パターンに基づき、顧客の好みに合ったコンテンツを最適なタイミングで配信するサービスが実現できる。また分析結果から得られた高度な分析レポートも提供するという。顧客1人ひとりの趣味嗜好や行動パターンを蓄積することでより精緻なインサイトが可能になり、POSや会員ID情報だけでは得られない顧客特性を把握できるというメリットがある。具体的な適用例としては、「レコメンド配信サービス」や「分析レポートに基づくポイント活用施策支援」などが挙げられる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by