ニュース
» 2013年09月05日 13時05分 UPDATE

間違うとブランドにダメージが:メールマーケティングがうまくいかない3つの理由

依然としてメールマーケティグはマーケティング戦略の一翼を担っている。ClickZ.comに掲載された記事ではメールマーケティングを展開する際の“悪い例”を3つ挙げている。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 顧客とのコミュニケーションやキャンペーン告知手段として長く活躍してきた電子メール。最近はソーシャルメディアやモバイルアプリにその座を奪われつつあるが、依然としてメールマーケティグはマーケティング戦略の一翼を担っている。ただ、ソーシャルメディアやモバイルアプリのエンゲージメント率と比べると、メールのクリック率やエンゲージメント率がやや劣るのは否めない。2013年9月2日にClickZ.comに掲載された“Email Marketing Isn't Dead - You're Probably Just Using It Wrong”(「Eメールマーケティングは廃れていない - やり方が悪いだけ」)では、メールマーケティングを展開する際の“悪い例”を3つ挙げている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading