ニュース
» 2013年07月10日 11時04分 UPDATE

単語ではなく「アクション」へ:コンテンツマーケティング時代の新SEO戦略

コンテンツを使って顧客にアプローチする新しいマーケティング手法の登場によって、SEOの考え方にも変化が訪れている。企業が提示するコンテンツ内容の精査と共に、「顧客ライフサイクルに応じたキーワードの設定」「コンテンツを配置するチャネルの特定」を考えてキーワードを設定する必要があるのだ。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 今日のデジタルマーケティングでは、SEOのような「キーワードで誘導する」という手法よりも、コンテンツそのもので見込み顧客を誘導するインバウンドマーケティングが力を持ち始めている。例えば、ソーシャルメディアを活用したマーケティングも、究極的には「ソーシャルメディアというプラットフォームで何をどう伝えるか」という戦略だ。こうした意味ではマーケティングの主流は今、コンテンツに傾いているといえるのではないだろうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading