ニュース
» 2013年06月28日 09時40分 UPDATE

異種混在環境からリアルタイムに:SAPジャパン、リアルタイムなビッグデータ分析を実現するSAP HANA SP 6の提供を開始

SAPジャパンは6月27日、インメモリープラットフォームのSAP HANAの最新サービスパック「SAP HANA SP6」の提供を開始した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 SAP HANAは、トランザクション処理機能や分析/予測機能、テキストセンチメント分析機能を備え、リアルタイムなビッグデータ分析を実現するプラットフォーム。今回提供開始となったSAP HANA SP6では、SAP HANAプラットフォームに「スマート・データ・アクセス機能」を追加することで、さまざまな異種混在環境からリアルタイムにインサイトを獲得できるようになる。SAP HANA SP6はHANA内のデータ仮想化を実行するので、HadoopのほかSAP Sybase Adaptive Server EnterpriseやSAP Sybase IQなどのデータウェアハウス、他社製データウェアハウスなど、構造化/非構造化データを処理するさまざまなデータ環境に対し、動的なクエリを実行できるようになる。

 さらにインメモリー地理空間情報機能が追加され、地理空間データとビジネスデータを組み合わせたリアルタイム分析も実現した。SAP HANAの顧客企業には、追加費用が発生することなく地理コンテンツが提供されるため、低コストで予測結果やテキスト分析からの結果と空間情報をSQL内で組み合わせ、新しいソリューションの開発が可能になるという。

 そのほか、SP6では予測解析ライブラリの拡張やETL性能の強化、ソーシャルネットワーク分析の新サポート、自然言語処理機能の拡張が施され、また開発者向けにはライブラリの強化や開発とデータ取得の簡素化、データセンターの組み込みを想定してアーキテクチャの拡張を実現している。これにより企業は、リアルタイムな状況把握とより詳細なインサイトを獲得できるようになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by