ニュース
» 2013年05月31日 15時36分 UPDATE

期待はずれ?:Facebookのマーケティング効果を実感しているマーケターは37%――米調査結果発表

現在、マーケティング施策の中でも特に注目されているのがソーシャルメディアマーケティングだ。実際に効果を実感しているマーケターはどれほどいるのだろうか。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 5月23日にClickZ.comに掲載された記事“Only 37% of Marketers Think Their Facebook Advertising Is Effective [Study]”(「『Facebook広告は効果的』と思うマーケターは、たった37%【調査研究】」)では、ソーシャルメディアのビジネス利用とその効果についてのアンケート結果が出ている。

 記事によると、マーケターの97%がソーシャルメディアをビジネスで利用しており、86%は「ソーシャルメディアは、マーケティングで積極的に活用すべき重要なもの」と考えているようだ。

 一方、ソーシャルメディアの中でもFacebookに焦点をしぼって質問したところ、Facebook広告が効果的と考えているマーケターは、全体の37%しかいなかったという。この数字が多いか少ないかは微妙だが、ソーシャルメディアマーケティングに期待を寄せているマーケターが大半であることを考えると、やはり「期待ほど効果はなかった」というのが実態だろう。

 ちなみに、大企業のマーケターほど「Facebookは効果的」と捉える傾向が強いという。なぜか。その理由は、有名企業や有名ブランドの場合、自社のブランドサイトからFacebookへ多数のオーディエンスを誘導できるからだという。逆に、小企業やあまり知られていないブランドの場合、Facebookマーケティングの効果はあまり見られない。これが上記の評価にも表れているようだ。

 ただしこれは、「すでにブランディングを確立した企業/ブランドしかFacebookマーケティングの効果はない」というわけではない。むしろ今後は一層、「Facebook(その他のソーシャルメディアも含む)を利用し、どのようにブランディングや認知度向上を実現するか」という点が焦点となりそうだ。

 その他、特筆すべき点として、マーケターの「ソーシャルメディアの利用経験年数」と「ソーシャルメディアの努力に費やした総時間」との関連がある。概して、利用年数が長いほど、ソーシャルメディアに費やす時間も長くなるようだ。調査によると、ソーシャルメディア経験が1年未満のマーケターの50%がソーシャルメディアに費やす時間は、週次で数時間〜5時間ほど。一方、ソーシャルメディア経験が少なくとも2年間あるマーケターの場合、70%が毎週6時間ソーシャルメディアに費やしているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading